お風呂で癒やしとケアを同時に!ミーゼの人気美容家電3選を比較

近年「お家時間」が増えたことにより、自宅で本格的なケアができる美容家電は、その手軽さからさらに人気が高まっています。

忙しい毎日だからこそ、お風呂でリラックスしながら、全身のさまざまなケアもできる美容家電で、癒やしとケアを同時に行うことが欠かせません。

そこで今回は、ヤーマン株式会社が販売しているホームエステシリーズのミーゼから、お風呂で使える人気の美容家電3つを紹介します。



ミーゼヘッドスパリフト

ミーゼヘッドスパリフトは、まるでエステを受けているやような本格的なヘッドスパ体験ができるアイテムです。

先端にある324本の突起が髪をかき分け、頭皮に1分間で約5万7600回の刺激をあたえ、心地よくマッサージします。

さらに防水仕様なので、お風呂でシャンプーと一緒に使用すれば、毛穴の皮脂汚れもしっかりもみ出し、すっきり気持ちのいい洗い上がりを実感できます。

また、人の指をイメージしたフェイス用のアタッチメントに付け替えればお顔にも使用でき、エステティシャンのハンドテクニックのような動きで、固まりがちな筋肉をマッサージします。

スピードと振動レベルを切り替えるだけの簡単操作と、ピンクとゴールドのカラーバリエーションが用意されているため、年齢性別問わず使用しやすいアイテムです。

<基本的スペック>

■サイズ:幅97mm、奥行105mm、高さ103mm

■質量:約287g(アタッチメント除く)

■連続使用時間:約20分(満充電時)

■充電時間:約3時間

■防水レベル:IPX7

■付属品:充電台、ヘッド用アタッチメント、フェイス用アタッチメント

ミーゼ公式サイト


ミーゼスカルプリフト

ミーゼスカルプリフトの特徴は、独自の低周波EMSとマイクロカレント(微弱電流)を用いた電気の力を使うことによって、頭筋や表情筋を刺激していく点です。 

頭筋とは前頭筋、側頭筋、後頭筋のことで、頭皮用アタッチメントについた独自EMSを出力する電極ピンと髪をかき分けるための樹脂ピンが、しっかり頭皮の内側からケアしていきます。

また付属のフェイス用アタッチメントは柔らかいシリコーン製なので、刺激を感じやすいお顔にも少ない摩擦で優しくケアできます。

モードは頭皮用とお顔用の2種類あり、頭皮用のSCALPモードは、12本の電極ピンから出力される低周波EMSで頭筋を刺激します。

さらに1分間に約7000回の振動と、マイクロカレント(微弱電流)も同時に出力されるので、効率的なケアが行えます。

一方お顔用のFACEモードでは、低〜中周波EMSを22本の柔軟なピンから複雑に出力し、さらにマイクロカレント(微弱電流)も同時に出力します。

これによって、ありとあらゆる方向からEMSが出力され、30種類以上から構成される表情筋を集中的に刺激します。

また使いやすさも魅力的で、アタッチメントを取り替えるだけでモード切替ができ、軽量でコンパクトなボディと防滴仕様(IPX5)なので、使う場所を選ばずお風呂でも使えます。

<基本的スペック>

■サイズ:約幅54mm、奥行180mm、高さ56mm

※スカルプ用アタッチメント取付時

■質量:約125.5g

(スカルプ用アタッチメント:約47g、フェイス用アタッチメント:約38g)

■連続使用時間:約30分

■充電時間:約3時間

■防水レベル:IPX5

■付属品:充電台、スカルプ用アタッチメント、フェイス用アタッチメント、ACアダプター

ミーゼ公式サイト


ミーゼダブルコア

ミーゼダブルコアは、お顔から身体まで全身に使えてプロのエステティシャンのようなハンドテクニックを実現する、マッサージ系の美容家電です。

片側に6個、両側で12個のローラーが付いたダブルヘッドで、この特殊な形状のローラーが高速3D回転することによって、あてるだけで簡単にボディケアができます。

ダブルヘッドはあてる場所によって角度を調節したり分割したりもでき、分割してフェイス用のリフティングアタッチメントを取り付ければ、繊細で優しいタッチのフェイスケアもできます。

ボディ用アタッチメントには、肌に当てるとマイナスイオンを発生するとされる99.9%の高純度ゲルマニウムが配合されており、肌のイオンバランスを整える効果も期待できます。

さらに、水深1mでも浸水しないとされる、IPX7の防水仕様で、お風呂でも安心して使用できます。

<基本的スペック>

■サイズ:約幅80mm、奥行255mm、高さH100mm

■質量:約590g(アタッチメント除く)

■連続使用時間:約30分(満充電時)

■充電時間:約4時間

■防水レベル:IPX7

■付属品:ボディアタッチメント2個、リフティングアタッチメント1個、ACアダプター

ミーゼ公式サイト


アイテム比較〜刺激方法で効果が高いものはどっち?ミーゼヘッドスパリフトとミーゼスカルプリフト〜

ミーゼヘッドスパリフトとミーゼスカルプリフトを刺激方法から比較します。


ミーゼヘッドスパリフト

ミーゼスカルプリフト

使用部位

顔、頭皮

顔、頭皮

アプローチ方法

もみほぐし

電気刺激

バイブレーション

連続使用時間

約20分

約30分

充電時間

約3時間

約3時間

防水レベル

IPX7

(防水仕様)

IPX5

(防滴仕様)

サイズ

幅97mm

奥行105mm

高さ103mm

約幅54mm

奥行180mm

高さ56mm

質量

約287g

(アタッチメント除く)

約125.5g

(スカルプ用アタッチメント:約47g)

(フェイス用アタッチメント:約38g)


ミーゼヘッドスパリフトとミーゼスカルプリフトはどちらも頭皮とお顔のケアアイテムですが、大きな違いはその刺激方法です。

ミーゼヘッドスパリフトは、まるで頭皮やお顔を手でもみほぐしているような使用感で、エステティシャンに施術を受けているような心地よさを体感できます。

対してミーゼスカルプリフトは、前頭筋、側頭筋、後頭筋といった頭筋や顔の筋肉を、独自EMSとマイクロカレント(微弱電流)で刺激して内側からケアしていきます。

頭皮や顔のケアだけでなく、感覚的な心地よさやリラックス感も重視したい方は、ミーゼヘッドスパリフトを選ぶといいでしょう。


アイテム比較〜使用箇所で選ぶとどっちが最適?ミーゼヘッドスパリフトとミーゼダブルコア〜

ミーゼヘッドスパリフトとミーゼダブルコアを使用できる箇所から比較します。


ミーゼヘッドスパリフト

ミーゼダブルコア

使用部位

顔、頭皮

顔、身体

アプローチ方法

もみほぐし

もみ流し

連続使用時間

約20分

約30分

充電時間

約3時間

約4時間

防水レベル

IPX7

(防水仕様)

IPX7

(防水仕様)

サイズ

幅97mm

奥行105mm

高さ103mm

約幅80mm

奥行255mm

高さH100mm

質量

約287g

(アタッチメント除く)

約590g

(アタッチメント除く)


ミーゼヘッドスパリフトとミーゼダブルコアは、手でもみほぐすようなハンドテクニックを用いたケア方法は同じですが、最大の違いは使用できる箇所です。

ミーゼヘッドスパリフトはお顔や頭皮の首から上を重点的にケアするアイテムですが、ミーゼダブルコアは頭皮への使用はできず、顔と身体用のアイテムとなります。

普段、事務作業など目や頭を駆使している方は、頭皮のマッサージができるミーゼヘッドスパリフトを選ぶといいでしょう。

逆に普段、立ち仕事など身体を駆使することが多い方は、身体のあらゆる箇所を思い通りにケアできるミーゼダブルコアが向いていると言えます。


アイテム比較〜使いやすさを重視するとどっちがいい?ミーゼスカルプリフトとミーゼダブルコア〜

ミーゼスカルプリフトとミーゼダブルコアを使いやすさから比較します。


ミーゼスカルプリフト

ミーゼダブルコア

使用部位

顔、頭皮

顔、身体

アプローチ方法

電気刺激

バイブレーション

もみ流し

連続使用時間

約30分

約30分

充電時間

約3時間

約4時間

防水レベル

IPX5

(防滴仕様)

IPX7

(防水仕様)

サイズ

約幅54mm

奥行180mm

高さ56mm

約幅80mm

奥行255mm

高さH100mm

質量

約125.5g

(スカルプ用アタッチメント:約47g)

(フェイス用アタッチメント:約38g)

約590g

(アタッチメント除く)


ミーゼスカルプリフトは電気刺激を用いた、お顔と頭皮のケアができる高性能なアイテムですが、身体への使用ができないので、いろいろな箇所をケアしたい方には不向きです。

また防水性能がIPX5の防滴仕様なので、水に浸かってしまうと故障のおそれがあり、お風呂で使う際は最新の注意をはらわなければなりません。 

一方ミーゼダブルコアは、お顔はもちろん身体に使用できるうえ、ダブルヘッドの角度も調節できるので、お腹や二の腕、太ももなど、大きさの違う部位のそれぞれにフィットさせて使用することができます。

さらに防水性能もIPX7の防水仕様なので、シャワーの最中やお風呂など、多少の水濡れなら気にすることなく使用できます。

水濡れを気にすることなく幅広いケアができる、使いやすい美容家電をお探しなら、ミーゼダブルコアがいいでしょう。


お風呂でケアする時間も気分をあげてくれるデザイン面を比較

今回紹介したミーゼの美容家電3つはどれも、スタイリッシュなデザインと高級感のあるカラーで、お風呂でケアする時間も気分をあげてくれるうえ、年齢関係なく使用できる使いやすい見た目です。

ただ、ピンクとゴールドからカラーが選べるのはミーゼヘッドスパリフトだけで、その他は決まった配色になっています。

カラーの選べないアイテムのうち、ミーゼスカルプリフトはホワイト&ゴールドのカラーなので男性でも使いやすいデザインです。

一方、ミーゼダブルコアはピンクを基調としたカラーなので、男性の中には抵抗のある方もいらっしゃるかもしれません。

ただミーゼダブルコアは、身体のもみ流しを中心としたアイテムなので、もともとあまり男性向けの商品ではないのでしょう。

お風呂に入る際に美容とともに気分も上げたいと思っているかたは最適なカラーを選びましょう。


お風呂で使うなら知っておきたい防水性能を比較

お風呂で使用できる目安となる防水性能ですがミーゼヘッドスパリフトとミーゼダブルコアはIPX7の防水仕様、ミーゼスカルプリフトはIPX5の防滴仕様となっています。

どれも同じ防水だと勘違いされることもあるかもしれませが、使用方法が全く変わるので注意が必要です。

IPX7の防水仕様は、深さ1mの水中に30分沈めた状態でも、製品内部に水が入ってくることがなく、製品として問題なく使えるレベルです。

しかしIPX5の防滴仕様は「防滴」という名の通り、完全に防水できるわけではなく、水中に沈めたり流水を3分以上あて続けたりすると故障の原因となります。

このようにどれもお風呂で使えるアイテムですが、IPX5の防滴仕様のものを使用する際は、湯船の中に落としてしまわないよう十分な注意が必要です。


ミーゼヘッドスパリフトのメリット

高い防水性能で、お風呂でも気兼ねなく使えるのが魅力で、頭皮からお顔にかけて実際のエステティシャンのハンドテクニックのような動きでもみほぐすことができます。

頭皮にはシャンプーしながら使うこともでき、毛穴の皮脂汚れもすっきり洗い流せるので、自宅に居ながらエステサロンのような心地よさを味わうことができます。


ミーゼスカルプリフトのメリット

前頭筋、側頭筋、後頭筋を、低周波EMSとマイクロカレント(微弱電流)で刺激し、内側からケアすることができるアイテムです。

アタッチメントを変えればお顔にも使用でき、またバナナ1本分程度の重量とクシのような形状で、腕が疲れにくく頭皮のケアには嬉しいポイントです。


ミーゼダブルコアのメリット

特殊な形状のローラーが本体の両側に付いていて高速3D回転してくれるので、あてるだけでラクにお顔や身体のマッサージができます。

また高い防水性能で、お風呂で身体を温めながらマッサージすることができるので、リラックスしながら効率的にマッサージすることができます。


総評



今回紹介したミーゼの美容家電3つは、使用箇所やアプローチ方法、効果もさまざまですが、共通しているのがすべてお風呂で使用できるという点です。

使用箇所やアプローチ方法、欲しい効果などからアイテムを選ぶのはもちろんですが、お風呂で使用するのであれば、その防水性能のチェックも欠かせません。

水がかかってしまったり、水に浸かってしまう可能性はないか、実際に使用するシーンを想像し、そのような心配があるなら高い防水性能のものを選ぶようにしましょう。

どの美容家電も高性能、高機能で、決して安い買い物ではないですから、より長く活用できるよう実際に日々使用することをイメージしながらじっくり選びましょう。