さまざまな用途に最適なAppleのイヤホンは?メリットとデメリットも解説

※商品PRを含むコンテンツです。アフィリエイトプログラムによって、商品をPRをしております。

スタイリッシュな製品が多い、そんなイメージをAppleに対して抱いている方も多いことでしょう。イヤホンに関しても同様で、とてもおしゃれで購入したいと思うものばかりです。販売されているイヤホンは、それぞれ販売価格が違います。またお勧めしたいシーンも、製品によって異なっています。そこで特にお勧めしたいイヤホンに関して、特徴とメリット、またデメリットを解説したいと思います。

良心的な価格が嬉しい「EarPods with 3.5 mm Headphone Plug」

電車などで映像を楽しむときには、イヤホンが欠かせません。もしも高価格帯のイヤホンではなく、リーズナブルな価格の製品を購入したいと思ったときに最適なのがEarPods with 3.5 mm Headphone Plugです。


ワイヤレスではなく、有線で接続するタイプの製品です。ケーブルがあっても特に問題ない、有線の方が安心という方にとっては、ベストな選択だと言えます。ヘッドホンジャックでiPhoneなどのデバイスとつなぐ製品ですが、USBで接続することも可能です。その場合には、USB-C - 3.5 mm ヘッドフォンジャックアダプタを別途購入します。


Appleらしいシンプルですっきりとしたデザインが魅力で、スタイリッシュな雰囲気がとても印象的です。また汗や水からしっかりと保護するように設計されており、ジョギング中に音楽を普段から楽しむ方にもお勧めです。


良心的な価格帯の製品ながら、音質の良さにもこだわっています。特に低音の響きに高級感があると評判で、音質の面でも高い満足度が得られることでしょう。

リモート会議にも便利な「Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic」

Zoomなどを利用してリモート会議を行う場合、接続が不安定になってしまうと支障をきたしてしまうことでしょう。通信環境が良くても、接続が切れてしまう可能性も否定できません。そのようなときのために、安心して利用できるApple製のイヤホンを希望する方にこの製品はぴったりです。


Apple In-Ear Headphones with Remote and Micはデバイスのヘッドホンジャックにつなぐモデルなので、接続が切れてしまう心配がありません。両耳のイヤーピース部分には、低音域と高音域のドライバーが搭載されています。そのため、どの音域に関しても忠実に再現してくれます。音楽のジャンルを問わず、どんな音楽でも満足感が得られることでしょう。


この製品にはリモートコントローラーが搭載されており、簡単に一時停止などを行うことが可能です。音楽や映像をよく視聴する方にとって、ストレスなく操作できる点は大きな魅力と言えます。また優れた遮音性を実現しており、屋外で通話をする機会が多いサラリーマンにも満足してもらえることでしょう。

屋外での活動時にも最適な「Beats Fit Pro - ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン — セージグレイ」

アウトドアなど、屋外でライブ映像や好きなアーティストの曲を視聴する機会が多い方にBeats Fit Pro - ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン — セージグレイをお勧めします。ワイヤレスのため、歩行中にケーブルが当たって邪魔に感じることが一切ありません。


Beats Fit Pro - ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン — セージグレイには、耳の形にしっかりフィットするウィングチップが搭載されています。さまざまなタイプのスポーツアスリートによるテストを繰り返し、どんなシーンでも外れにくいという点が大きな特徴です。スポーツジムで汗を流しつつ音楽を聴きたい、そんな方にとっても最適なイヤホンと言えるでしょう。


耳の形状は個人差があるため、この製品には3種類のイヤーチップが同梱されています。肌に優しいシリコンを採用しており、最適なイヤーチップを選ぶことによって外部のノイズをシャットアウトすることが可能です。


この製品は、最大6時間の連続再生が可能です。充電できない場所で通話などをする機会が多い場合でも、充電切れを心配する必要がありません。またポケットサイズの充電ケースを付属しており、バッグなどに入れて気軽に持ち運ぶことが可能です。急速充電に対応しており、スピーディーに充電をしてくれる点も好印象です。

ワイヤレスでワークアウト時にも便利な「AirPods(第3世代)」

イヤホンにケーブルがあると、パソコンから離れて作業を行う機会が多い会社員の方は不便さを感じることでしょう。AirPods(第3世代)はワイヤレスタイプのイヤホンなので、ケーブルが邪魔になってしまうことは一切ありません。ビジネスだけではなく、ワークアウトに勤しむ方も、ケーブルの存在を意識することなく体を動かすことが可能です。


AirPods(第3世代)は、屋外で使用する方のために細かい部分にも配慮を施しています。マイクを特別なメッシュで覆っており、通話中の風の音を最小限に抑えてくれます。営業マンなど、屋外で通話をする機会がある方にとって、頼れる存在となることでしょう。また耐汗耐水タイプなので、屋外が雨天になっても安心して通話をすることが可能です。

メリット解説

今回紹介するAppleのイヤホンは、それぞれデザインだけではなく機能性の面でも違いが見られます。購入前に、どんなメリットがあるのか知りたい方もいることでしょう。ここで注目したいメリットについて、いくつか紹介したいと思います。

EarPods with 3.5 mm Headphone Plugのメリット

イヤホンをiPhoneなどのデバイスとつなぐ場合、ワイヤレスだと途切れてしまう恐れがあります。通信環境の面で不安がある場所で音楽などを視聴する場合には、有線タイプの方が安心です。EarPods with 3.5 mm Headphone Plugは有線で接続するため、接続トラブルが起こらないか不安を抱く心配は無用です。


椅子に座っている、またゆっくりと歩いているときには、イヤホンは外れにくいものです。しかしジョギング中には、体が上下するため外れてしまうことがあります。このようなことが起こらないように、EarPods with 3.5 mm Headphone Plugは耳の形状に合わせてデザインされています。外れにくいだけではなく、耳に優しくフィットする点も嬉しいポイントです。長時間装着していても、耳の痛みを感じにくいことでしょう。


EarPods with 3.5 mm Headphone Plugには、リモートコントローラーが内蔵されています。音量を小さくしたい、映像の再生を行うなど、さまざまな作業が可能です。コードをつまむようにしながら、調節を行います。

Apple In-Ear Headphones with Remote and Micのメリット

会社の会議をリモートで行う際に、耳へのフィット感に関して不満を抱く製品だと、ストレスを大きく感じてしまうことでしょう。Apple In-Ear Headphones with Remote and Micには、とても柔らかいシリコン製のイヤーチップが付属されています。3つのタイプがあるので、耳の形状を問わず快適に音声を聞くことが可能です。


また耳にしっかりとフィットするため、雑音が入ってくる心配もありません。屋外でYouTubeなどの映像を見る機会が多い、そんな方にとっても便利なアイテムと言えます。


毎日のようにiPhoneなどのデバイスを使う場合、イヤホンも清潔に保つ必要があります。Apple In-Ear Headphones with Remote and Micには、ステンレススチールのメッシュキャップが付属されています。そのため、微細なホコリやゴミから製品をしっかりと保護してくれます。


またキャップは簡単に取り外せますし、クリーニングを行うことが可能です。さらに予備キャップが付属されており、劣化が起こった場合には簡単に取り換えることもできます。

Beats Fit Pro - ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン — セージグレイのメリット

ダイナミック、また繊細な音をいつも楽しみたい、そんな音楽ファンにとってBeats Fit Pro - ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン — セージグレイは最適な製品と言えます。2枚の振動版を使用したドライバーを搭載しており、クリアでクオリティの高い音質を実現しています。またノイズキャンセリング機能によって、不快なノイズをカットしてクリーンな音を聴かせてくれます。


ウォーキングやアウトドアなどで、長時間音楽を聴くという方もいることでしょう。Beats Fit Pro - ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン — セージグレイは、最大6時間の連続再生が可能です。また18時間分の充電ができるケースを同梱しており、両方を使用すれば24時間使用できます。充電を何度もしたくない、そんな方にとって心から快適さが感じられるイヤホンとなることでしょう。


また耐汗防水機能がついており、トレーニングを行うときに汗が付着しても安心です。ボディメイクなどに励む場合にも、不具合を気にすることなく運動に集中することができます。

AirPods(第3世代)のメリット

AirPods(第3世代)は、1回充電をすれば6時間も連続再生することができます。屋外にいるので充電ができない場合でも、映像や音楽を長く楽しむことが可能です。またMagSafe充電ケースを併用すれば、最大30時間も再生することができます。


AirPods(第3世代)は、ダイナミックドライバとカスタムアンプを搭載しています。非常に繊細な音を再現してくれるので、弦楽器の細やかな音色もダイレクトに楽しむことが可能です。クラシックなどを趣味とする音楽ファンの方にも、十分な満足感を与えてくれます。

デメリット解説

高品質と言われているAppleのイヤホンですが、現在では多数の口コミが見られます。それだけ、愛用している方が多いと言えるでしょう。口コミの中にはデメリットと感じる部分もあり、この点についてここで紹介します。

EarPods with 3.5 mm Headphone Plugのデメリット

気軽に購入できる価格が嬉しいEarPods with 3.5 mm Headphone Plugにも、デメリットと感じる部分はあります。人気モデルなので、口コミサイトでは多数の意見が見られます。


EarPods with 3.5 mm Headphone Plugはカナルタイプではないため、多少外れやすいと感じるユーザーは多いようです。椅子に座るなど、体を動かさずに映像などを楽しむ場合に最適な製品だと言えます。


また音質面で、少し気になるという口コミも見られます。低音部分で重厚感がなく、メリハリに乏しいと感じる方もいます。中音域以上に関しては満足できるコメントが多く、動画を楽しむことをメインとしている方にとっては気にならないのではないでしょうか。

Apple In-Ear Headphones with Remote and Micのデメリット

ホワイトでクールな印象を与えるApple In-Ear Headphones with Remote and Micも、多数の口コミが見られます。比較的リーズナブルな価格で上質の音を実現してくれる製品ですが、低音域の再現が多少苦手なようです。低音域が弱く、ダイナミックな曲では多少物足りなさを感じるかもしれません。ただ中音域から高音域にかけてはとても美しい音を再現してくれるので、ポップな曲などであれば十分に満足考えられることでしょう。


Apple In-Ear Headphones with Remote and Micではシリコン製のチップが採用されており、圧迫感なく耳にフィットするという意見が多数見られます。耳の奥まで外部の雑音をシャットアウトしてくれる反面、衣服にイヤホンが当たると音を拾ってしまうという面もあるようです。


外耳道に直接触れる設計になっており、歩行中にケーブルと衣類が擦れると、ノイズが聞こえてしまうことがあります。ただこれはインナーイヤー式ではあり得ることですし、歩行中以外では特に問題に感じないことでしょう。YouTubeの再生やリモート会議などを行う機会が多い、また座った状態でこれらの活動を行うという方に適した製品と言えます。

Beats Fit Pro - ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン — セージグレイのデメリット

Beats Fit Pro - ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン — セージグレイはワイヤレスで楽しむデバイスです。Bluetoothで接続をするため、音切れが起こってしまう恐れがあります。


これはデバイスの問題ではなく、通信環境が影響しています。そのため、この点は購入前にしっかりと理解しておくことが大切です。大切な会議やお客様と通話をする場合などは、音切れが起こると重要な情報を聞き逃してしまう恐れがあります。Beats Fit Pro - ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン — セージグレイは音楽や映像を視聴するなど、プライベートで使用する場合に適したイヤホンです。


またツルツルして持ちにくいなど、扱いにくさを指摘する口コミが見られます。この点についてはしばらく使用することで、徐々に慣れてくることでしょう。

AirPods(第3世代)のデメリット

AirPods(第3世代)は低音から高音まで、どの音域に関してもクオリティの高い音を聴かせてくれます。操作性などにも優れており、非常にバランスの取れた良質のイヤホンと言えるでしょう。


ただ価格が2万円台後半という点だけが、AirPods(第3世代)の持つデメリットと言えます。1万円を切るモデルもあるため、購入にためらってしまう方もいるのではないでしょうか。ただ価格以上に機能性や性能に優れているので、予算が許すのであれば購入をお勧めします。

AirPodsの設定方法

AirPodsに興味を持っている方の中には、設定が難しいのではないかと思っている方もいることでしょう。設定方法に関しては、以下のようになります。


1.AirPodsを装着して、デバイスに接続されていることを確認します。

2.「設定」から「Bluetooth」を選択し、AirPodsの横にある をタップします。 ...

3.自動耳検出をオンまたはオフにします。


設定自体はとても簡単なので、設定で四苦八苦するようなことはありません。簡単に設定ができるため、購入したい方は安心してください。

総評

Appleが扱っているイヤホンの中で、特にお勧めしたい製品を紹介しました。イヤホンを購入する場合には、どんなシーンで使うのかをしっかりと考える必要があります。次に予算を検討し、予算的に無理のない製品を選ぶことが大切です。