【ミニマリストになりたい方必見!!】旅行で本当に必要なアイテムまとめ〜!

旅行の前は、何歳になっても心が躍るものですよね!

なるべく少ない荷物で行きたいけれど、
「あれもいるよな?」
「これも持っていった方がいいかな?」
と、どんどん荷物が膨れ上がっていき、
持ち運ぶだけでも疲れてしまったなんて経験ありませんか?

そんなお悩みを抱えている皆様へむけて、この記事では、
『旅行に絶対に必要なもの』『持っていくと便利なもの』をまとめました!

読者の方が、少しでも心も身体も軽くなった状態で、
旅行を満喫できるよう、参考にしていただければと思います!

 

▼必須アイテム

・現金、クレジットカード、電子マネー

忘れる人はいないと思いますが、必ず必要なものです!
特に最近では、キャッシュレス化が進み、
普段、現金を所持していない人もいるかもしれません。
しかし、旅行先が離島や郊外などの田舎の方では、
まだまだ電子マネーが普及していない地域があることも現状です。

レストランでの食事後にお金が払えず困ることのないよう、
ある程度の現金は持ち合わせておくように注意しましょう!

〜ちなみに〜

「じゃらん宿泊旅行調査2019」の調べによると、
1回(大人1人あたり)の宿泊旅行にかかる平均の費用は『58,500円』で、
内訳をみると、宿泊や移動などに掛けた費用は『34,900円』で、
現地の飲食店やお土産購入などで消費した金額は『23,600円』となっているそうです。
現地でのアクティビティを充実させるには、
宿泊・移動にかかる費用を如何に削れるかが鍵となりそうですね!


・携帯電話、スマートフォン関連

お店への連絡、旅行先のおすすめの調査、写真の撮影など、
スマホが1台あれば、非常に多くのことができる時代になりました。

携帯電話の存在は言わずもがなではありますが、
意外と忘れがちなのが、携帯の充電器やモバイルバッテリーなどのスマホ関連用品。

家のコンセントに挿しっぱなしにしたまま忘れてしまう
なんてことも誰しもが経験していることだと思いますので、
家を出発する前に必ず確認するようにしましょう!

・免許証

特に沖縄は、基本レンタカー移動になるため、必須のアイテムです!
写真付きの身分証としても使えますので、
普段運転しないペーパードライバーの方でも持って行くようにしましょう!


・メガネ&コンタクトレンズ(※視力の悪い人のみ)

視力の良い人は関係ないですが、
悪い人は忘れてしまうとその時点で旅行終了です。

両方とも忘れてしまう人は少ないかと思いますが、
家を出るときにコンタクトをしていると眼鏡を忘れてしまう等、
片方だけ忘れてしまい、旅行中ずっと不便に感じた経験のある人は意外にも多いはず。

ドライアイの人は目薬を。
2weekのコンタクトを使用している人は洗浄液とケースを。
ケア用品も忘れないよう、1セットとして管理するようにしましょう。


・衣服

旅行期間が増えるにつれて、洋服や下着の量も比例して増えます。

そして旅行先の気候は、意外と行ってみないとわからないものだったりもします。

日中は暑いけれども、夜になると思ったよりも冷えて半袖だと肌寒い。
外は焼けるように暑いけど、ホテルやレストランの冷房が寒すぎる。

こんなときに備えて、暑い場所へ行くとしても、
パーカー等の羽織れるものを1つ持って行った方が良いでしょう。


・常備薬、酔い止め薬

旅行では、普段の生活で口にしないような
ローカルフードを味わうことも1つの醍醐味ですよね!

しかし食事が体質に合わず、急な腹痛に襲われてしまい、
旅行が楽しめなくなってしまったら、元も子もありません。

そのような事態に備えて、お腹の薬は持って行くようにしましょう。

また山道が多い場所や船に乗る機会がある旅行などでは、酔い止め薬が必須です。
田舎ではコンビニやドラッグストアも少ないため、予め準備しておきましょう。

 

▼持っていると便利なアイテム

・ウェットティッシュ

特に海外旅行では重宝されます!
手を拭くだけでなく、レストランなどのテーブルを拭く際にも大活躍します。
中には、水に流せるタイプもあり、そちらはトイレでも使用可能です!

・ファスナー付き保存袋


中身が見えて取り出しやすく、ジッパーで口が閉まるので持ち運びに便利です。

持ち物全てを分けて袋にいれることで、
カバンの中身が煩雑にならなくなるメリットもあります。

また濡れたものもしまうことが出来るため、とても便利です!

・クリアファイル

旅のチケットやパンフレットがカバンの中で
ぐちゃぐちゃになってしまうことを防ぎます!

・ネックピロー

長時間の移動の際にはあるととても便利です。
移動中を利用して、ちょっと一眠りしても首や肩の負担を軽減してくれます。

・アイマスク、耳栓

こちらも長時間の移動で、
眠りを邪魔されたくないときに便利です。

落ち着いて読書したいときにも、
耳栓があると没頭することができます。

・S字フック

移動中やホテルなどで、壁に鞄をかけることができ、
狭い空間でもスペースを確保することができます。

・自撮り棒

楽しい旅をより綺麗に記録するためには必要なアイテムでしょう。

三脚付きのものもあるので、様々な構図で写真を撮りたい時にはとても便利です!

・カードゲーム

友人との旅行の中では、
ホテルで過ごす時間も有意義にしたいですよね!

そんな時には『お酒を飲みながらカードゲーム』という楽しみ方もあります。

最近はトランプ・UNOといったポピュラーなものだけではなく、
ユニークなゲームもたくさん出ておりますので、
盛り上がること間違いなしです!

雨で外を回れなくなった時にも利用できる代物ですので、
2,3種類のゲームを持っていっても良いかもしれないですね。

・スマートフォン用防水ケース

海や川に行くときに持って行くととても便利です!
防水ケースとして入れておくだけでなく、
種類によっては、ケースの上から操作可能なものもあります。

水中の写真を思い出に残しておきたい人には、必須のアイテムです!

 

▼持ち物をさらに減らしたい方に…

ここまで、『必要なもの』と『便利なもの』に分けて紹介してきましたが、
「もっともっと身軽に、理想を言えば『手ぶら』で旅行先まで行きたい!」
という読者もいるのではないでしょうか??

そんな方にオススメしたいサービスが、 『flarii(フラリー)』です。

■flariiとは?

「今までの旅行よりもっと身軽に。もっとぜいたくに。そしてもっと自由な旅に。」

flariiは、ECサイトで選択した商品を現地で受取り、
好きなところから返却する事のできる、旅行者向け商品レンタルサービスです。

旅行するにあたり、持っていきたい荷物はたくさんあっても、
飛行機の重量制限で全てのものが持って行けない!
お土産を買おうとしても、既にキャリーケースがパンパンで入れられない!
という経験は誰しもが持っているものだと思います。

そんな時にflariiを利用すれば、『手ぶら』で『ぜいたく』な旅行をすることができます。

・「わざわざ買うほどではないけどあると便利だな」

「旅行先でしか使わないけどあったら嬉しいな」
といった場合は、その商品をレンタルすることができます。

例えば沖縄に旅行に行くとなった場合に「かりゆしウェア」を借りたり、
北海道に行くとなったら「厚手のダウンジャケット」を借りたり、
利用シーンに合わせて活用できます。

また、もし気に入った商品があれば、
購入することが出来るといったオプションが存在するため、
買う前に試してみたい商品をレンタルするといった使い方もできます!

 

■flariiの使い方

アカウントの無料登録を行った後、専用のECサイトから商品を選択し、
申込先を指定していただければ日本全国で利用することができます。
ホテルや友人の家、実家など配送可能な場所であればどこでも利用可能です。

詳しくは、こちらの記事で解説しておりますので、
参考にしていただけますと幸いです!

〜flariiを利用したちょっと贅沢な旅を演出する方法教えます〜