【最新】東京人気スポットを手ぶら観光!山手線沿いver〜東京駅・上野駅編〜

初めて新幹線で地方から東京に出てきて楽しみと不安で胸いっぱいなことでしょう。

しかし最初の大東京砂漠は駅内に。東京駅内を迷わずして目的地まで行くなんて無理〜「丸の内改札どっち?」「ラーメンストリートどこ〜?」「お土産たくさんあるところどこだっけ?」なんて声はあちらこちらで聞きます。重い荷物を持ち行きたいところに行くのは本当に大変…。

荷物がなかったらいいのになって思ったことありますよね?その気持ちとってもわかります!

けどキャリーバックの中は必要なものしか入っていないしこれ以上なにを減らせって言うの。これ以上中身入れると帰りのお土産入んなくなちゃう!せっかく東京に来たんだからおしゃれなお洋服を着てインスタ映えな観光地に行ってチルしたいし。一眼レフを首から下げ、おしゃれな料理に東京の夜景を写真に納めたい!時間に制限されず自由に行動したい!

あなたも重い荷物と様々な思いを乗せて新幹線に乗り後悔なく観光したい!と思っているはずです。

そこで手ぶらで旅行をするを掲げる私たちflariiが提供するのは。駅で迷っても手ぶらだから全然辛くない!なんなら迷うを楽しむ!ための心踊る観光情報を提供します。

東京駅の旬な情報

新幹線での長旅お疲れ様でした!ここからは手ぶらでキャリバックなどの大荷物を持っていないことを前提に書きます。駅に着いたらまず東京駅の絶品グルメを食べて腹ごしらえしましょう。

東京駅中限定グルメにカフェ、居酒屋と美味しいものが集まってるのも東京駅の魅力の1つ。特にラーメンストリートは日本各地の選りすぐりの1杯を提供してくれる場所。

新幹線からラーメンストリート道順こちら

せっかく東京に来たんだから美味しいもの食べたいよねってみんな考えます。はい!教えます。美味しいラーメン。

ラーメンストリート【東京駅中】

見るからに主張強くて目を引くお店は

ソラノイロNIPON

大胆な外装でラーメンストリートの中では1番目立ちますが味は決め細かいシンプルな醤油味。

これは特製"淡麗醤油"ラーメン1130円

東京のシンプルな醤油ラーメンを食べたっかたらココへ!

余談ですが、店内は決して広いとは言えません。キャリーバックの置き場に絶対困る人います。座ってる後ろに置こうとするとお客さんや店員さんは通れなくなる。変な気遣いしないで荷物邪魔!手ぶらが良いー!って思いますw

他にも美味しいラーメン店は多々。たくさんの名店から選んでください。

こちらから駅ナカグルメ紹介

東京駅舎【丸の内側】

東京駅といったらこのイメージじゃないでしょうか。この写真は丸の内改札から出てすぐのところです。2012年に駅舎が工事・復元され100年前の姿になっています。ココはかなりおすすめ写真スポットです!

広々とした場所にあるのでお気に入りの角度から写真が撮れます。その場所から周りを見渡すと大東京の象徴、高層ビルが立ち並んでます。ビル達の大きさは圧巻…。

自撮り棒で写真撮影するも一眼レフでも良し!ただ、荷物があるとせっかく東京駅の外観を観に行くのに重くて面倒臭いですよね。続いては!

東京キャラクターストリート【東京駅中】

ポケモン・JUMPSHOP・スヌーピーなどのグッズを販売している東京キャラクターストリートに!

東京キャラクターストリートには30を超えるお店がありどのお店もたくさんのグッズが販売されているので終日人気の場所。子供が喜んでくれるトミカやウルトラマンのお店、テレビ局の専門店もあります。必ずどのお店かには入りたくなる様なストリートになってます。しかしたくさん回るなら手ぶらは絶対だと思いますよ!身軽で楽しんでくださいね!

 

お土産情報【東京駅中】

東京駅のお店で東京限定のお土産を是非買って帰ってください。期間限定で出店しているお店や行列ができる人気のお店がたくさんあるので事前チェックは必須!

こちら

から東京駅の情報をゲットしてくださいね!続いては!

アメ横ぶらり散歩【上野駅】

東京駅から京浜東北線か山手線で8分(4駅)で上野駅到着!

今回は上野動物園や国立西洋美術館などがある上野でアメ横に行ってきました。12月中旬の週末に行ったこともありアメ横はたくさんの人で賑わっていました。こんな人混みには絶対手ぶらじゃないと辛い…。って感じました。

アメ横には食品(海鮮系・乾物)、化粧品、ブランド品、観光客向けのお土産屋さんがぎっしりと立ち並んでいます。どの商品も正規店で買うより安い。わざわざアメ横で買うって人もいたりします。よくテレビでアメ横が取り上げられるのは年末ですよね。普段から賑わっているアメ横も年末には50万人が訪れます。皆さんお正月に食べるおせちの食材を買いに来るんでしょうか。

それでは早速アメ横をぶらり散歩していきます。たくさんのお店があってどこで何を買っていいか本当に迷います。とりあえず1周してから良さそうなお店で買おうと思いウインドーショッピング開始。色んなお店でスタッフさんが「安いよ安いよ」「これもこれもサービスサービス」って叫んでいます笑 なかなか日本にいてこういう売り方は目にしませんよね。お客の方も値切り・サービスは当たり前の世界。ここは絶対に値切らないと後悔する!と思いました。

20〜30分歩いているとケバブ屋さんの前で陽気な店主に止められてしまいました。「美味しいよ美味しいよ〜1個2個買ってって〜」 さっき食べたラーメンでお腹はいっぱいだったので軽く断ると 「2人で1個ならどう〜」 いい人そうだしそんなに食べて欲しいのか、けど美味しく食べたいから今回は…。次回来た時食べることを約束して今回は購入に至りませんでした。その後少し店主と話しているとアメ横の穴場スポットを教えてもらいました!

穴場スポット地下食品街【アメ横】

それがここ地下食品街です。東京暮らしが長い私ですら存在を知らない穴場中の穴場。アメ横のだいたい真ん中くらいのところにあり、目立たない看板が立っています。薄暗い階段を降りていくと。

これまた薄暗い地下食品街に繋がっています。何やら怪しい雰囲気、店員さんはほとんどが外国人。たくさんのお店がひしめき合って点在しています。ここの地下街は本当に道が狭くて、大変でした。業者に人が台車を使って運搬してるんですけど、一時的に身動き取れなくなりました笑 そして店内では大胆に商品となるお肉を大包丁を使い店員さんがでさばいています。

絶対スーパーとかでは見ない陳列の仕方。。ダイナミック過ぎる。けどどれも美味しそう〜 アメ横にはお肉系は売ってませんでしたが、地下街にはこれでもかとたくさんの種類のお肉がありました。お肉以外にも様々な香辛料や貝やサザエ、エビなどの甲殻類も水槽にて新鮮に管理されています。

距離的には100m~200mくらいでしょうかそんなに広くはありませんでした。この地下街を一言で表すと「海外マーケット」です。東南アジアのマーケットに行ったことある人はわかるかと思いますが、エスニックな感じです笑 私は結局ここでは何も買いませんでしたが、面白い場所でした。

美味しい情報【アメ横】

さっき登場したケバブ屋の店主から教えてもらったのですが近くに食べ歩きにぴったりな美味しいメンチカツ屋がある。肉の大山というお店。1時間くらい歩いてお腹も少し減ってきたのでせっかくなので行ってみることに。(店主ごめんね、ケバブは今度食べます!笑)

店内は昼からビール片手に揚げ物を頬張る男性たちもたくさん。昼から飲めるのもアメ横ならでは。はしご酒もここなら困らずできます。なんて考えながら店員さんにメンチカツを頼み購入しました。食べてみるとこれがまた美味しい!熱々で肉汁も出てる。本当はビール片手にメンチカツ食べたかったけど今回は見送ることに。美味しい思い出ができました。

【最後に】手ぶら旅行は時間も手間も省けていいことだらけ

今回荷物を何も持たない手ぶら旅行をしてみて一番に感じたことはストレスが無いってことです。旅行中って荷物のせいで行動を制限されたりお金を想像以上に使ってしまったりしますよね。長期滞在になればなるほど顕著にわかります。そこで

私達flariiは旅行を手ぶらで!をコンセプトに身軽に観光するために商品レンタルサービスを行なっています。駅で観光するのにわざわざ手荷物預け所に行きお金を払うのはもう古い。私達は必要な旅行グッズを必要な場所に届けてそこから旅行をスタートさせられます。

こちらからflariiの「手ぶらでぜいたくな旅行」の始まりです。皆様もこれを機に荷物のない旅行をしてみませんか?