Android端末と相性がいいプロジェクターは?接続方法も紹介

スマホやタブレットなど、AndroidのOSを搭載した商品を所有している方も多いことでしょう。また液晶テレビよりももっと迫力のある映像を見るため、プロジェクターを利用している方もいるのではないでしょうか。Android端末では画面が小さい場合、プロジェクターを活用すればその問題も解決します。そこで、Android端末と相性がいいプロジェクターを紹介します。

ホームシアターに最適「POY.ANK プロジェクター6000LM」

自宅を映画館のような雰囲気にして、大好きな映画を存分に見たいという方に紹介したいプロジェクターです。POY.ANK プロジェクター6000LMは1万円前後で購入できる、初めてプロジェクターを手にする方にもお勧めしたい商品と言えます。コンパクトサイズで置き場に困ることがなく、誰でも簡単にセッティングを行うことが可能です。


POY.ANK プロジェクター6000LMの解像度は720pで、適度に美しい画質で映画などを鑑賞することが可能です。価格が1万円程度であることを考慮に入れれば、十分に満足感が得られることでしょう。


POY.ANK プロジェクター6000LMはUSB端子がついているので、USBケーブルを使ってAndroid端末と本機をつなぐことが可能です。ただケーブルが邪魔に感じられるので、できれば無線でプロジェクターを使用したいと思う方もいることでしょう。そのような方は、Wi-Fi接続が最適です。Wi-Fiでの接続を行うためには、本機とAndroid端末が同じWi-Fiネットワークにつなぐ必要があります。Android端末上で操作をすれば、ワイヤレスで接続することが可能です。

画質にこだわるなら「LG LEDポータブルプロジェクター PF50KS」

価格も大事だけど、画質の良さを最も重視したいという方に最適な商品です。LG LEDポータブルプロジェクター PF50KSは、液晶テレビでもおなじみのLGが販売しているプロジェクターです。100インチサイズのスクリーン上で、フルHDの高精細映像を楽しむことができます。人物のシルエットもくっきりと描き出し、鮮やかな画質を実現してくれます。


LG LEDポータブルプロジェクター PF50KSは室内だけではなく、キャンプなど屋外でも使用することができます。バッテリーを内蔵しており、充電せずに2.5時間再生することが可能です。また手のひらに乗るサイズなので、持ち運びがとても簡単という点も見逃せないポイントです。バッグに入れて、さまざまな場所へ移動できる点は魅力と言えます。


LG LEDポータブルプロジェクター PF50KSには、USB-Cに対応しています。そのため、Android端末とUSBケーブルを使って簡単に接続することが可能です。またミラキャストにも対応しており、ワイヤレスでLG LEDポータブルプロジェクター PF50KSとAndroid端末を簡単につなぐことができます。

スタイリッシュモデル「Anker Nebula Mars II」

家具やオブジェなど、室内を素敵な環境にしている方にとって最適なプロジェクターです。Anker Nebula Mars IIはデザイン賞を受賞しており、タワー型でとてもスタイリッシュなデザインが印象的です。ブラックを基調にしており、どんな空間であっても上手く統一感を出せることでしょう。


大型の液晶テレビでは、映画館のような迫力を引き出せない方にもお勧めしたいプロジェクターです。Anker Nebula Mars IIは最大で、150インチのスクリーンに対応しています。大画面の迫力で、映画をいつでも気軽に視聴することが可能です。


Anker Nebula Mars IIは、様々な方法でAndroid端末とつなぐことが可能です。HDMIとUSBの端子を搭載しており、変換アダプタを使って接続することができます。ケーブルと有線で繋ぐのはとても簡単な反面、ケーブルが邪魔だと感じる方もいることでしょう。Anker Nebula Mars IIは、スマートフォンからのミラーリングができます。Android端末上で操作をすることで、簡単につなぐことが可能です。さらに専用のアプリであるNebula Connectをインストールすれば、スマホをリモコンとして使うことができます。

マイホームやビジネスにも「エプソン ビジネスプロジェクター EB-X06」

マイホームだけではなく、会議室や飲食店など場所を問わず使用できるプロジェクターを希望する方に勧めたい商品です。パソコンなどさまざまな家電用品を製造している、エプソンがしています。エプソン ビジネスプロジェクター EB-X06は、据え置きタイプの商品です。シンプルで清潔感あるフォルムが印象的で、オフィスでも自然に馴染むデザインとなっています。


輝度は3600ルーメンのため、自宅での使用では十分な数字と言えます。また遮光カーテンなどを取り付けて日光を遮断する、また室内を真っ暗にする必要はありません。明るい空間でも、エクセルデータや映像を難なく見ることが可能です。


エプソン ビジネスプロジェクター EB-X06にはUSBとHDMIの端子があります。アダプターを取り付ければ、Android端末とケーブルで接続することが可能です。またEpson iProjectionと呼ばれるアプリを使うと、Android端末とつなぐことが可能です

メリット解説

今回紹介するプロジェクターは、いずれも比較的購入しやすい価格帯の商品ばかりです。ただそれだけではなく、輝度などさまざまな点で魅力的な部分をそれぞれ有しています。ここで、今回紹介する4つのプロジェクターに関して、優れた点について紹介したいと思います。

POY.ANK プロジェクター6000LMのメリット

POY.ANK プロジェクター6000LMは、6000ルーメンもの明るさを持っています。6000ルーメンと聞いても、どの程度の明るさなのかピンとこない方もいることでしょう。一般に4200ルーメン以上であれば、100インチ以上のスクリーンでも鮮明な映像を見ることが可能と言われています。POY.ANK プロジェクター6000LMは6000ルーメンなので、100インチ以上のスクリーン上で映像を見る場合でも十分と言えます。


自宅や店舗にプロジェクターを設置する際に、設置するスペースが狭いというケースもあります。本機は幅が250mmで、奥行きは248mmです。比較的コンパクトサイズなので、小さいテーブルの上に置くことも十分に可能です。また重量は1.58kgとなっており、女性やお子さんでも扱いやすいのではないでしょうか。


プロジェクターを長年使用していると、ランプが徐々に劣化してしまいます。いずれ交換をしなければならず、そのための費用に関して不安を抱く方もいることでしょう。本機は6万時間使用できるため、長期にわたって使用しても頻繁に交換をする必要がありません。コスパという点でも、十分に満足できるマシンと言えます。

LG LEDポータブルプロジェクター PF50KS のメリット

頻繁にプロジェクター使用する場合には、ランプの劣化はより早まってしまいます。LG LEDポータブルプロジェクター PF50KSはLEDランプを採用しており、約3万時間の寿命を持っている点が好印象です。短い期間でランプを交換する必要はなく、消耗品を購入するコストを抑えられる点も嬉しいポイントと言えます。


屋外でプロジェクターを使用する場合、重量があるタイプだと運搬も一苦労でしょう。快適に持ち運ぶためには、軽量タイプを選ぶ必要があります。LG LEDポータブルプロジェクター PF50KSはわずか1kgと軽量なので、重量物の扱いが苦手な方であっても難なく持ち運ぶことが可能です。幅は‎178mmあり、奥行きは170mmです。また高さは52mmで、サイズが小さいという点も大きなメリットです。狭い空間で使用しても、常に快適な気分で映画などを視聴できることでしょう。


プロジェクターを初めて購入する方にとって、画面の調整は大きくストレスを感じる作業と言えます。LG LEDポータブルプロジェクター PF50KSは、自動的に垂直方向の歪みを補正する機能がついています。そのため、スムーズに画面の調整を行うことが可能です。

Anker Nebula Mars IIのメリット

コンパクトサイズのプロジェクターは、持ち運びが便利な点が大きな魅力です。しかし、中には大きな音が出ないタイプもあるので、この点で不満を抱く方もいます。Anker Nebula Mars IIは20Wの出力を持つスピーカーがついているので、数人で映画などを視聴する場合に聞き取りにくいということはありません。また人の声が外部から聞こえる場合であっても、問題なく使用することが可能です。


焦点の調整が手動のプロジェクターがあり、調整をする際に時間がかかってイライラしてしまう方もいることでしょう。Anker Nebula Mars IIにはオートフォーカス機能が搭載されており、自動で調整を行ってくれるのでとても便利です。しかも1秒で作業を行うため、時間をかけずに準備を行うことが可能です。


クールでスタイリッシュなAnker Nebula Mars IIは、単にデザイン性の良さだけが魅力のプロジェクターではありません。このようにメリットも複数あるので、高い満足度が得られることでしょう。

エプソン ビジネスプロジェクター EB-X06のメリット

エプソン ビジネスプロジェクター EB-X06は、会議室でも十分に能力を発揮してくれます。3600ルーメンのため、少人数で行う会議には最適です。プレゼンテーションなどを行う際に、会議室をカーテンで閉め切る必要はありません。


エプソン ビジネスプロジェクター EB-X06には、スライド式ヨコ台形補正機能がついています。これは斜め横の位置から投写しても、自動的に四角形に補正してくれるという便利な機能です。設置場所がスクリーンと対面になっていない場合であっても、見やすい状態に補正してくれます。

デメリット解説

Android端末と相性がいい今回のプロジェクターですが、いくつか注意したいポイントも実はあります。この点を理解しておけば、購入した際に後悔をしてしまうこともありません。ただ大きなデメリットではなく、あくまでもちょっと気になる

POY.ANK プロジェクター6000LMのデメリット

‎POY.ANK プロジェクター6000LMは低価格にもかかわらず、自宅をホームシアターにできる優れモノのプロジェクターです。人気のある商品ですが、口コミサイトではいくつかデメリットが紹介されています。


まず起動時だけではなく、使用中にファンの音が気になるというコメントが見られます。とても静かな環境であれば、ファンの音がよく聞こえてしまうかもしれません。ただ日常的に使用する場合には、それほど大きな音ではないため、ストレスを抱える程ではないと言えます。


また音質の悪さに関しても、コメントがいくつか見られます。1万円程度で購入できるプロジェクターなので、音質の面では妥協が必要かもしれません。しかしライブ映像を視聴する方にとっては、クオリティの高い音は重要なポイントでしょう。音質を上げたいと思うのであれば、スピーカーを別途購入するという方法も選択できるので安心してください。


とてもリーズナブルな価格で購入できる点が、POY.ANK プロジェクター6000LMの持つ最も大きなメリットです。いくつか気になる点があっても、納得した上で使用できるのではないでしょうか。

LG LEDポータブルプロジェクター PF50KS のデメリット

プロジェクターは、それぞれ商品によって明るさが異なっています。利用シーンを考えて、明るさを決めることが大切です。LG LEDポータブルプロジェクター PF50KSは600ルーメンとなっており、家庭で使用する場合に適した商品と言えます。ただ室内であっても、カーテンを閉め切って多少暗くする必要があります。日差しが差し込む空間だと、映像が見にくいかなと感じる方もいることでしょう。日中の明るい空間で使用すると見にくい、この点がLG LEDポータブルプロジェクター PF50KSの大きなデメリットです。


LG LEDポータブルプロジェクター PF50KSにはスピーカーがついていますが、出力がわずか2Wしかありません。狭い空間で使用する場合には、音声が小さいと感じることもないでしょう。しかし屋外の音が気になる環境であれば、音声が聴き取りにくく感じるかもしれません。このような場合には、外付けのスピーカーを使用することをお勧めします。

Anker Nebula Mars IIのデメリット

室内のインテリアとしても最適なAnker Nebula Mars IIですが、デメリットの部分もいくつかあります。まず明るさに関して、300ルーメンしかないという点です。室内をカーテンでしっかりと閉め切り、暗い空間で使用する場合には特に問題はありません。しかし外部から日光が降り注ぐ、また照明をつけている状態では映像がクリアに見えないでしょう。明るい空間で毎回映画などを見たい、そんな方には不向きなプロジェクターと言えます。


スピーカーの出力は20Wで、一般的なモバイルプロジェクターの中では高出力と言える商品です。しかし音質の点で、若干気になる点があります。響くような低音が出ないため、軽く感じられてしまいがちです。もしももっとクリアで迫力のある音を出したいと思ったら、高品質のスピーカーを使うといいでしょう。


Anker Nebula Mars IIの作動音について、思ったよりもうるさいという口コミが見られます。省エネモードがあるため、もしも気になるのであればモードの変更をするといいでしょう。

エプソン ビジネスプロジェクター EB-X06のデメリット

6万円程度で購入できるエプソン ビジネスプロジェクター EB-X06は、個人だけではなく法人であっても快適な使用が可能です。購入しやすい嬉しい価格が魅力のプロジェクターですが、重量がモバイルタイプに比べて重いという点が気になるポイントです。2.5kgあるため、頻繁に運搬する場合には適していません。毎回同じ場所に設置する方にとっては、この重量は問題ないと言えます。


また画質がXGAとなっており、映像の美しさに対してこだわりがある方は要注意です。手軽に映画やコンサート動画を見たい、プレゼンなどでグラフなどを見る場合には適しています。

総評

大画面で好きな映像が見られるプロジェクターですが、Android端末と接続できる商品も多数あります。今回紹介した商品は、いずれもAndroid端末と接続ができるタイプばかりです。これまで小さな画面で映像などを見ていた方は、プロジェクターを使用することで高い満足度が得られることでしょう。